三〇〇文字小説

「みんな聞いてくれ。雨の降りが強まってきたから今日の練習は中止にする。明日の試合に備えて休 ...

三〇〇文字小説

 僕は折り畳み傘。ずいぶん前にご主人様のカバンの中に入れられて以来、しばらくの間外に出てい ...

三〇〇文字小説

 道を歩いていると、突然雨が降ってきた。天気予報では雨の予報なんてなかったのに。  どこか ...

三〇〇文字小説

 私は恋の神様。若者たちの恋を成就させることが私の仕事だ。  私には、好きな場所で一時的に ...

三〇〇文字小説

「ねえねえお母さん、今読んでる本に出てきたんだけどさ、雨宿りって何?」 「雨宿りっていうの ...

三〇〇文字小説

 ここでの生活は、毎日本当に退屈だ。初めてここに連れてこられた時こそわくわくしたものだが、 ...

三〇〇文字小説

「夏休みだからってゲームばっかりやって遊んでたらダメよ」 「違うよお母さん。これは自由研究 ...

三〇〇文字小説

 わしはたった今、病院のベットの上で亡くなった。  その瞬間、わしの体は浮き始めた。下を見 ...

三〇〇文字小説

 西暦2050年。とある小学校にて。 「将来の夢。三年一組伊藤太郎。  ぼくの将来の夢は、 ...

三〇〇文字小説

 久しぶりに地元に帰ってくると、駅前の映画館が閉館セールをやっていた。  私にとってこの映 ...