チキンレース(小説現代ショートショートコンテスト没作)

 悪の組織から抜け出そうと試みた下っ端構成員の二人組がいたが、あっさりと組織の人間に捕まってしまった。

「おい、お前ら。うちの組織を勝手に抜け出そうだなんていい度胸してんじゃねえか。その度胸に免じて、どちらか一人だけは助けてやろう。お前らにはチキンレースをしてもらう。崖に向かって二人同時に車を発進させて、ぎりぎりで止めた方の勝ちだ。負けた奴は、コンクリートで固めて海の底に沈めてやるからな。覚悟しとけよ」

 今まさに、チキンレースが始まろうとしている。このチキンレースには、組織の幹部を含む全メンバーが揃って見物しに来ていた。

「お前ら、準備はいいか。いくぞ。よーい、スタート」

 同時に発進した二台の車は、崖のはるか手前でUターンすると、見物していた組織のメンバー達を次々に轢き殺していった。

 こうして、悪の組織は壊滅した。