三〇〇文字小説

「やっと文明を持つ生物が存在する星を見つけたな」 「ああ。宇宙連合に加入していない未確認の ...

三〇〇文字小説

「たかし、いつまでくよくよしてるんだよ。財布落としたくらいでみっともないぞ。そんなに大金が ...

三〇〇文字小説

「実は俺、最近悩んでることがあって……」  俺が住むマンションに遊びにきた友人が、突然そん ...

三〇〇文字小説

 20年前。雛祭りを終えてからもう1週間が過ぎたというのに、パパは未だに雛人形を片付けてく ...

三〇〇文字小説

 僕はモテ過ぎる。普通にモテるのではない。モテ過ぎるのだ。例えばバレンタインデー。  普通 ...

三〇〇文字小説

 新卒で入社したこの会社だけど、どうやら私にはこの仕事は向いていないようだ。入社してからま ...

三〇〇文字小説

 冬休みの最終日。何とか宿題を全部終わらせることができた僕は、安心して眠りについた。  し ...

三〇〇文字小説

 お正月といえば、お節料理やお餅の食べ過ぎて、胃腸に負担をかけてしまいがち。そんな胃腸を癒 ...

三〇〇文字小説

「ばあさんや、プレゼントじゃ」 「おじいさんありがとう。これは何?」 「これはな、洗濯機と ...

三〇〇文字小説

 夏休み。子供達を連れて田舎で一人暮らしをしている父の家に遊びに行く予定でしたが、コロナの ...