爆笑問題カーボーイショートショートショート(テーマ:家族)採用作【近い人】

 私が大学で知り合った一郎という男は、近い人であった。一郎は、友達から初対面の人にまで、とにかく距離が近いのだ。会話をする時は、唾が付きそうな距離まで近付かれるため、かなり迷惑だった。その点を除けば悪い奴ではないのだが、どうしてもその近さには慣れることができなかった。今までにも、近い人には何度か出会ったことがあったが、一郎は別格だ。いったい一郎は、どうしてこのような近い人になってしまったのだろうか? 

 一郎は大学の夏休みを利用して、実家の古びた六畳一間の小さなアパートへと帰省した。

「ただいまー」

「お帰りなさい。大学生活はどう?」

「一郎兄ちゃんお帰り」

「兄貴お帰り」

「兄さんお帰り」

「兄ちゃんお帰り」

「兄ちゃんお土産買ってきてくれたー?」

「お兄ちゃん、お姉ちゃんがいじめるよー」

「違うわよ、五郎が私のお菓子を食べたのよ」

「こらこら、喧嘩はやめろよ。一郎お帰り」