爆笑問題カーボーイショートショートショート(テーマ:家族)没作【真似】

「お母さん、この男の子が僕の真似をしてくるよ」

「それはね、鏡にケンちゃんの姿が映っているのよ」

 ケンちゃんはまだ三歳で、お母さんにそう言われても、よく理解できなかったようだ。ケンちゃんは懲りずに鏡の前で、一生懸命に体を動かしていた。

 一時間後。

「やったー。お母さん、この子、僕が挙げる手と逆の手を挙げたよ」

「そんな訳ないでしょ。きっと見間違いよ。そんなことより、今夜はケンちゃんの大好きなハンバーグよ。もうすぐできるからね」

「わーい」

ケンちゃんは鏡の前を離れ、食卓へと向かった。

(あいつ、やっと行ったか。あんなにしつこくやられたから、ついミスっちまったぜ。全く。ガキ相手は疲れるな)