爆笑問題カーボーイショートショートショート(テーマ:家族)没作【魔法の杖】

「では、魔法の杖を使ってこのボールを消したいと思います。スリー、ツ―、ワン、はい、消えました」

 客席から拍手が沸き起こる中、野球帽を被った少年が野次を飛ばす。

「嘘だ。ポケットに隠しただけだろ。魔法の杖なんて、ある訳ないじゃん」

「ねえ僕、ちょっとステージに上がってみない? この魔法の杖で、君を消してみようと思うんだけど、どうかな? あ、やっぱりやめておこうか。怖いよね」

「怖くなんかないよ。いいよ。上がってやる。どうせ魔法の杖なんて、インチキに決まってるよ」

「さあみなさん、勇気あるこの少年に、拍手をお願いします」 

 観客の拍手の中、少年がステージへと上がった。

「僕、本当にいいんだね」

「うん。早くやってみなよ」

「では参ります。スリー、ツ―、ワン、はい、消えました」

「ほーら、やっぱり消せなかった。魔法の杖なんてインチキだったね」 

 その少年の言葉とは裏腹に、客席からは歓声が上がっていた。

「本当に消えたわ」

「すげーよ」

「魔法みたいじゃないか」

 少年は訳がわからず、混乱していた。

「みんな何言ってんだよ。僕はここにいるじゃないか。もしかして、本当に僕は消えちゃって、誰からも見えなくなっちゃったのかな。嫌だよそんなの」

 少年は泣き出してしまった。

「おいマジシャン。あの子供はどうなったんだよ」

「早く戻してあげないとかわいそうよ」

「みなさま、ご安心ください。これから消えてしまった少年を、魔法の杖で元に戻したいと思います。それでは参ります。スリー、ツ―、ワン、はい」

 客席からは、また歓声が上がった。

「わあ! また現れた」

「一体どうなってんだ」

「さてはあなた、本物の魔法使いだな」

 少年はこの反応を見て、驚きと安堵の表情を浮かべた。

「僕、信じてもらえたかな?」

「うん。おじさんはインチキなんかしていなかったんだね」

「もうこれからは、あんな野次を飛ばしたらダメだよ」

「うん。約束するよ」

「よし、良い子だ」   

 

「みなさん、うちの息子のために、わざわざご協力ありがとうございました。これであの子も懲りたと思います」

「いえいえ。元はと言えば、我々が悪いんです。もっと我々のマジックがうまければ、息子さんもあんな風にはならなかったんですから」

 さっきのマジシャンと、観客に扮したマジシャン仲間達は、こうして会場を後にした。