爆笑問題カーボーイショートショートショート(テーマ:トンネル)採用作【巨大トンネル迷路】

「社長、先月うちの遊園地で新しくオープンしたアトラクション、巨大トンネル迷路の事でご相談があるのですが」

「どうしたんだ?」

「このアトラクションのうりでもある、制限時間20分以内にゴールすると賞金1万円がもらえるという企画なんですが、想定していた以上に制限時間内のゴール達成者が多くて、このままでは赤字になりそうなんです。そこで、賞金を減らすか制限時間を短くするかで悩んでるんですが、どちらが良いでしょうか?」

「どちらもダメだ。そんなことをしたらうちの遊園地はせこいと悪評が立ってしまうぞ」

「ではどうしたら?」

「賞金を100万円にするんだ」

「え! 社長、何を考えてるんですか。そんなことをしたら、うちの遊園地は潰れてしまいますよ」

「いいから俺の言うとおりにしろ。今週の土曜日から巨大トンネル迷路の賞金を100万円にする。この事をがんがんCMを流して大々的に宣伝するんだ」

「わ、わかりました」

 土曜日。賞金100万円のインパクトはすさまじく、この日の来場者は普段の十倍にも及んでいた。

「社長、本当に100万円も上げちゃって大丈夫なんですか?」

「まあ見てなさい」

 巨大トンネル迷路の入り口には、100万円目当ての客が山のように群がり、トンネル内も人がぎゅうぎゅう詰めの状態が続いた。急いでゴールを目指そうにも、人が邪魔でなかなか前に進めない。

 こうしてこの日、巨大トンネル迷路を制限時間内にゴールできた者は、ついに1人も現れなかった。