安達弾~打率2割の1番バッター~ 第10章 練習試合2試合目 船町北VS大阪西蔭⑨

 8番バッターの川本に対して、黒山は鶴田のサイン通り外角低めにストレートを投げようとするも、真ん中よりの甘いコースに向かっていた。

「カキーン!!」

 打球はセンター前ヒットとなった。

(さっきからコントロールが甘くなってるな。でもあと1人だ。なんとか堪えてくれ黒山)

 9番バッターの水島に対して、鶴田はまた外角低めのサインを出すも、今度は大きく外に外れるボール球となった。

(外角は投げづらいのか? ならここならどうだ?)

 鶴田は内角にサインを出すも、今度は内に大きく外れてしまう。

「痛て!」

 球は水島の太ももを直撃した。

「デッドボール!」

(やっぱり思った通りや。星田にデッドボールを出して以降、ストレートしか投げてへん。多分マメでも潰したんやろな。そして頼みのストレートすらコントロールがつかんくなっとる。そして次のバッターは三浦。チーム1の選球眼をもつ三浦なら、甘いコースにきたストレートを捉えるか、しっかり四球を選択できるはずや。これでサヨナラ。うちの勝ちで決まりや)

 鶴田はタイムをとると、さすがに限界がきている黒山を交代させようとしたが、その前に黒山の方から鶴田に話しかけてきた。

「鶴田、お願いがあるんだ」

「ああわかった。今日のお前は大阪西蔭打線相手に11回も無失点に抑えてほんと良くやったよ。黒山、お疲れ様。それじゃあ監督に言って交代してもらおうか」

「いやいや交代しねえよ!」

「えっ? じゃあお願いってなんだよ?」

「次からのサイン、全部ど真ん中に構えてくれ。デッドボールやパスボールだけは避けたいからな」

「それはいいけど、本当に投げられるのか?」

「満塁のピンチにエースがマウンドを譲るなんてありえねえだろ。それに今なら、ワインドアップで本気のストレートが投げられる」

 この日の黒山はまだ、ワインドアップでの投球を1度も披露していなかった。

「もうこうなったら当たって砕けろだ。黒山、後悔のないように全力で投げてくれ」

「おう!」

 1番バッターの三浦に対しての初球、黒山は大きく振りかぶるワインドアップ投法で、鶴田が構えるど真ん中めがけて、ただただ何も考えず全力で球を投じた。

(うまい具合に散らばってくれー)

 そう願っていた鶴田の思いは届かず、球は鶴田が構えていたミット通りのど真ん中に向かっていた。

(ど真ん中! これで終わりや!)

 三浦のスイングは、鶴田が構えたミットと同じ高さの軌道上で行われ、タイミングも完璧だった。

(打たれる!)

 そう鶴田が思った瞬間、三浦のスイングから逃げるように球がボール1個分だけ浮き上がった。

「ボン!」

 鶴田は黒山のストレートをキャッチできず、球は胸の防具を直撃した。幸い鶴田のすぐ目の前に跳ね返ったためサードランナーはその場でストップした。

「ストライク!」

(危ねー俺のエラーで試合が終わる所だった。黒山のストレートをキャッチできないなんて初めて黒山とバッテリーを組んだ1年の頃以来だな。それにしても、今のストレートは凄かった。そういえばここ最近、黒山のワインドアップからの全力投球受けてなかったな。ペース配分を考えた抑えめの投球から解放された黒山のストレートは、ここまで進化していたのか)

(球が浮いた? いやいやそんなん物理的にありえんやろ。でも確かに浮いたように見えた。それくらいキレのある球っちゅーことやな。もうボロボロのはずなのにようこんな球投げよるわ)

 三浦はバットを短く持ち直した。

(俺は大阪西蔭のリードオフマン。ストレートしか投げれんピッチャー相手に出塁できひんなんて許されへん)

 2球目、黒山の球はさっきよりも若干内角よりの高めに向かっていた。

「カーン!」

「ファール!」

(俺の全力ストレートに2球目で当ててくるか。さすがは大阪西蔭の1番バッター。ミート力がすごいな)

(くそ、当てるので精一杯や)

 3球目、黒山の球は外角の少し低めに外れた。

「ボール!」

 4球目、今度は外角の少し高めに外れた。

「ボール!」

(追い込まれているこの状況から2球連続で見逃してくるとは。選球眼も半端ない)

(見逃したっちゅうよりも手が出えへんかった。甘いコースだけに絞らんと打てる気がせえへんわ)

 5球目、黒山の投じた球は、真ん中高めのストライクゾーンに入っていた。

「カーン!」

「ファール!」

(くそ、また粘られた!)

(くそ、また捉えられへんかった!)

 そして、運命の6球目。黒山の投じた球は、外角寄りの高めのコースに向かっていた。

「カーン!!」