よろしく(東京新聞300文字小説没作)

「お父さん、それじゃあそろそろ帰るわね」

「じゃあねおじいちゃん」

「そうか。寂しいのう」

「また近いうちに遊びに来るわよ。今回は仕事で来られなかった旦那も連れて家族三人でね」

「あっ、そうだそうだ。僕、パパに頼まれてることがあったんだった。ねえねえおじいちゃん」

「なんじゃ」

「よろしく!」

「えっ?」

「じゃあねバイバーイ」

「おっ、おう。バイバーイ。はて、よろしくとは一体何をじゃろうか?」

「ねえ、何でさっきおじいちゃんによろしくって言ってたの?」

「僕ね、パパに頼まれてたんだ。おじいちゃんによろしく言っといてねって」