六色のランドセル(東京新聞300文字小説没作)

 今年から小学生になる息子とランドセルを買いにやってきた。

「うーん、どれにしようかな?」

 息子が立ち止まった売り場には、黒、青、水色、緑、茶色、銀色の6色のランドセルが置いてあった。私が子供の頃は黒と赤くらいしかなかったランドセルも、最近では色んな種類があるらしい。

「お父さん、決めたよ」

「何色にするんだ?」

「えーとね、一年生の時は黒で、二年生になったら青で、三年生になったら水色で、四年生になったら緑で、五年生になたら茶色で、六年生になったら銀色にする」

「おいおいちょっと待て! ランドセルは一個しか買わないぞ」

「えー!」

 どうやら息子は、毎年違うランドセルを買ってもらえると勘違いしていたらしい。