上昇志向(東京新聞300文字小説没作)

 今日は内定者達が集まるリモート飲み会だ。コロナの影響で採用試験は全てリモートで行われたこともあり、内定者同士で顔を見て話すのは今日が初めてだ。

「初めてまして。私の目標は、とにかくバリバリ働いてどんどん出世することです。よろしくお願いします」

 最初に挨拶をした私に続いて、他の内定者達も挨拶の最後にそれぞれの目標を発表していった。

「私の目標は、出世とかはどうでもいいから、とにかく定時に帰ることです」

「俺の目標は、残業が少ない部署に異動することかな」

「私の目標は、早く良い男を見つけて寿退社することです」

 仕事で出世することに興味がない内定者達の中で、上昇志向の強い私は、少しだけ浮いていた。