義理と本命(東京新聞300文字小説没作)

「なあ、お前今日チョコ何個もらった?」

「義理チョコが1つだけ。お前は?」

「俺も1つだけ。本命チョコだけど」

「え―マジかよ。本命って誰から?」

「鈴木さん」

「え? 俺が義理チョコもらったのも鈴木さんだよ」

「そうかそうか。鈴木さんやさしいからな。本命の俺以外にも、モテなさそうな奴に配ってあげたのかな」

「ちょっとその本命チョコみせてくれよ」

「はい」

「これ俺と同じ義理チョコじゃねーかよ」

「マジで。チロルチョコじゃないからてっきり本命かと」

「ブラックサンダ―だって十分義理チョコだよ」